テープ起こしの歴史

テープライターの中森です。

言語の記録を文章化する作業というのは、はるか昔の古代文明の時代から行われていたとされ、これが、テープ起こしのはじまりだといわれています。

文明の力、文化の発達によって、文字とそれを記録する紙や板などが用いられるようになった時代から、自ずと文章化する作業というのは行われていたんだそうです。

テープ起こし 歴史

出典元:写真AC

速記法の考案

一般的な話し手の発話速度というのは、書記者の人力筆記がいくら優れていたとしても、追随していくのはかなり困難なことです。

そのため、その時代というのは、要旨部分の要約をはじめ、事前ないしは、事後の原稿を参照しながら編集を行って極力再現するしかなかったといいます。

これでは当然ながら、音声を今のように忠実にテキスト化(文章化)することは難しいといえますし、そのことからも、記録や内容の改ざんも付き物だったようです。

17世紀以降になると、「近代的な速記法」が考案されることになります。その後、改良が進められて、専門の速記者が話し手の発言している内容を記録することができるようになったのです。

 

タイプライターの実用化

19世紀後半に、欧米諸国ではタイプライターが実用化されることで、手書きよりも高速での打刻(タイプ)が可能となりました。

しかし、速記術や高速での正確なタイピング作業には、高度な専門技能が必要なため、そのスキルを持つ者を雇うコストは高くつき、資金力のある企業に限定された技術であったといいます。

なお、話した内容を忠実に記録できるようになったのは、1877年に、トーマス・エジソンが発明した蝋管式レコードの出現からになります。

現代の音声ファイルのように、音声を録音して文章化の作業に利用するという動きが本格化してきたのは、録音メディアの主流が円盤形レコードになった遥か後年だといいます。

テープ起こしの作業方法について

はじめまして!現役テープライターの中森です。

現在、コロナ禍によって、自宅できる在宅ワークが注目されています。テープ起こしもそんな在宅ワークのひとつです。

そこで今日から、テープ起こしという仕事に興味がある人の少しでも参考になればと思い、テープ起こしの仕事に関する情報を配信していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

テープ起こし

出典元:写真AC

 

まずはじめに、テープ起こしというのは、そもそも、どういうことをするのか?まずはそこから説明します。

テープ起こしとは、「反訳、リライト」という言葉が、コレに当てはまりますが、基本的にはその名の通り、会話や会議、講演などの音声をテキスト化することを指します。

テープ起こしの一昔前は、カセットテープやマイクロテープに録音された音声を聴きながら、ペンと紙を使って、実際に書き起こすやり方が主流となっていました。

現在のテープ起こしの方法は、さすがにこのようなやり方ではなく、パソコンに専用のソフトをインストールして、音声を聞きながら同時にタイピングしていくやり方になります。

そのため、テープ起こしの作業では、文字入力が遅いのは致命的なロスになってくるため、タイピングのスピードはかなり重要なスキルの一つになっています。

 

テープ起こしの起こし方

テープ起こしには、いくつかの起こし方があります。一番ポピュラーな起こし方というのが、「ケバ取り」という起こし方です。

「あー」や「えー」「あのー」や「そのー」など、意味の無い間投詞を除いた上で、更に言い間違いなども除いて、音声を文字起こしする方法になります。

スピーカーによっては、意味の無いフレーズをやたらと連発する人もいますので、音声をすべてを拾って起こしてしまうと大変なことになるからです。

このケバ取りという起こし方はテキストにしたときに、とても読みやすいというのが最大のメリットで、事実、クライアントから一番発注が多いのもこの「ケバ取り」になります。

 

テープ起こしは日本語だけではない

なお、テープ起こしで起こす言語は何も日本語ばかりではありません。英語はもちろん、イタリア語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、中国語、韓国語などどんな言語でも行います。

ただし、英語、中国語あたりは需要も少なくないのですが、その他の言語は、テープ起こしの作業を行うテープライターが極端に少ないのが現状となっています。

それこぞ、日本国内のテープ起こし業者で多言語に対応している会社は、ほとんど無いといっても過言ではありません。

外国語が話せたり、読んだりできても、録音された外国語の音声を聴きながらテープ起こしをするというのは、また別のかなり高いスキルが要求されるからです。