テープ起こしの歴史

テープライターの中森です。

言語の記録を文章化する作業というのは、はるか昔の古代文明の時代から行われていたとされ、これが、テープ起こしのはじまりだといわれています。

文明の力、文化の発達によって、文字とそれを記録する紙や板などが用いられるようになった時代から、自ずと文章化する作業というのは行われていたんだそうです。

テープ起こし 歴史

出典元:写真AC

速記法の考案

一般的な話し手の発話速度というのは、書記者の人力筆記がいくら優れていたとしても、追随していくのはかなり困難なことです。

そのため、その時代というのは、要旨部分の要約をはじめ、事前ないしは、事後の原稿を参照しながら編集を行って極力再現するしかなかったといいます。

これでは当然ながら、音声を今のように忠実にテキスト化(文章化)することは難しいといえますし、そのことからも、記録や内容の改ざんも付き物だったようです。

17世紀以降になると、「近代的な速記法」が考案されることになります。その後、改良が進められて、専門の速記者が話し手の発言している内容を記録することができるようになったのです。

 

タイプライターの実用化

19世紀後半に、欧米諸国ではタイプライターが実用化されることで、手書きよりも高速での打刻(タイプ)が可能となりました。

しかし、速記術や高速での正確なタイピング作業には、高度な専門技能が必要なため、そのスキルを持つ者を雇うコストは高くつき、資金力のある企業に限定された技術であったといいます。

なお、話した内容を忠実に記録できるようになったのは、1877年に、トーマス・エジソンが発明した蝋管式レコードの出現からになります。

現代の音声ファイルのように、音声を録音して文章化の作業に利用するという動きが本格化してきたのは、録音メディアの主流が円盤形レコードになった遥か後年だといいます。

テープ起こしに必要なスキルを検証

テープライターの中森です。

どんな仕事や職業にだって、それぞれ向き不向きはあるものです。

テープ起こしという仕事は、それが顕著にでてしまいます。そこで本日は、テープ起こしに必要なスキルを私なりに少し検証してみることにしました。

テープ起こし スキル

出典元:写真AC

 

話し手の声を聞き分ける

まず、テープ起こしの仕事をする上でもっとも必要なスキルというのが、話し手の声を聞き分けることができることでしょう。これについては、作業の基本となるからです。

 

検索能力

次に必要になってくるのが、聞いたことがない言葉でも正しく調べられることです。何故なら、テープ起こしを依頼するクライアントの案件にはいろいろな分野があるからです。

講演や会議、雑談をはじめ、講義、シンポジウムなど多種多様のため、聞いたことのない言葉や言い回しというのが必ずといっていいほど出てきます。

そのため、作業をする上で情報を検索したり調べたりすることは日常茶飯事のため、検索能力がなければ話にならないというわけです。

 

国語力

また、多くのテープライターが新聞やニュースを毎日見ているように、新しい話題や情報を追いかけることも必要です。特に新聞は情報もさることながら、漢字や読みがなの勉強にもなります。

録音された音声をテキスト化する上では、国語が得意だとかなり有利になります。

 

タイピング力

タイピングスピードも重要になります。ブラインドタッチでの入力は必須条件といえます。

テープ起こしを職業にしたいのなら、最低限、これらのスキルは必要になります。